音楽を奏でるように、音色の聞こえる情景を写真で奏でたい。
だから僕は、たった一枚で表現する道を選びました。それが、僕の目指す水中写真です。
 
 
 
 

僕は、自分自身がとにかく良い写真を撮りたい、収めたい、作品にしたいと思ってきたからこそ、アマチュアで良いと考えてきました。
何故なら、自分自身が撮りたいのなら、あくまで趣味の延長だと思っていたからです。
でも、僕自身が撮ることよりも、ご一緒した方々に僕の様な写真や表現は、皆にも出来る!ことを伝えたい。
そして、僕の写真で人が幸せを感じて頂ける事が嬉しくて…
その喜びの方が、僕にはずっと大きくなってきました。
皆さんの為に、僕に出来る事をお手伝いしたいとの気持ちが強くなり、プロとして活動をしていくと決めました。